海外バイナリーオプションで勝つために必要な事

なぜ海外バイナリーオプションを始めるのか

少額の資金で始める事ができるので、株やFXで勝てなかった人が最後の一勝負として選ぶ人も多いのではないでしょうか?
それは本当に正しい選択なのでしょうか?
少額から始められるからと言って簡単に勝てるなんてことはありません。
また、賭け金を自分でコントロールできる反面レバレッジ規制などがないため数回のトレードで資金のすべてを失うようなトレードも可能です。

それでも海外バイナリーオプションを始める理由

FXトレードにて100万を月利20%で増やしたとしても1年で7.5倍の750万程度。
この月利20%達成するためにはドル円のレバ25倍だと100pips勝つことが必要となります。

海外バイナリーオプションを利用して月200回のトレードで勝率60%に出来たら40回勝ち越します。
ペイアウト1.82倍の海外バイナリーオプションを利用した場合で計算すると
  • (1.82×120)A-200A=(218.4-200)A=18.4A
  • Aは1回の賭け金とする
1回のトレードで5万を賭けると1ヶ月で92万の利益、これを12ヶ月間達成すると約1100万の利益となります。
これを更に複利で増やした場合はもっと大きな金額となります。
ただし、勝率が55%を切る場合はスゴい勢いでお金が減ります。
だからこそ、勝率を上げることが非常に重要なのです。

勝つために必要な事

勘違いされやすいですが、投資で勝つために必要なものはお金ではなく、知識と経験です。
最初から持っている資金を全額投入して勝負してる方が多くいますが、それはいい作戦とは言えません。
まずは勝つための理論を知るべきです。
勝てるようになってから投資する資金を増やすべきなのです。

勝つために必要な勉強量

一概には言えませんが、私の場合は1日4時間ほどの勉強をして、3年ほどで勝てるようになりました。
累計すると3000時間ぐらいになります。

バイナリーオプションの場合、うまく勝てるようになると月に100万ぐらいの収益をコンスタントに稼ぐことができます。
そこで、同様の金額を稼げる職業を考えると思いつくのが医者か弁護士ですが、これに合格するために必要な勉強量は1万時間程度と言われています。

これらの職業から比べると「バイナリーオプションは楽に稼げる」と言えるかもしれませんが、どれも時間をかければ必ず成功するというものではありません。
そこを覚悟してスタートする必要があります。
才能がマッチしていて経験もなく勝てる人もごく稀にいますがあくまで「例外」といえるでしょう。
自分自身が例外になる可能性はほぼ「ない」としっかりと認識するべきです。

向いている人

今まで何人もの専業トレーダーをみてきた経験から
  • パチンコを期待値で打って収支をコンスタントにプラスにしていた人
  • ゲーマー(シューティング、挌闘ゲーム等)でそれなりの実績を出した人
は勝つ可能性が高いと言えます。

自分を律して勝つための勉強を惜しまない人であれば挑戦する価値はあると思います。
知的ゲームとしても十分楽しめるものだと思います。

向いていない人

  • 手早く稼ぎたいと考えている人
  • 熱くなって自分を律することができない人
  • 面倒くさがりな人

必要となる基本的な知識

  • FXの基本的な情報の読み方
  • 確率・統計の知識
  • バイナリーオプションの仕組み

そもそもバイナリーオプションとは?

為替の上下運動のみを予測して投資する行為



どれだけ上げるか下げるかは関係なく指定された時間に今より上がっているか下がっているかを予測します。

業者はどこを選ぶべきか

  • 出金がしっかりと行われる
  • ペイアウトが高い

国内業者からすれば考えらえないことですが出金ができない、出金に時間がかかるといったような詐欺まがいの会社があります。
利益に直結するペイアウトは非常に重要な要素ですからなるべく高い所を選びましょう。
現在の選択肢としてはハイローオーストラリアが一番マシと言えます。
国内在住でなければBinary.comかVantageFxの利用をお勧めします。

スプレッドあり2倍かスプレッドなし1.82倍のどちらがお得?

現在ではハイローオーストラリアでは業者総取りの部分があるスプレッド有の2倍とスプレッドなしで1.82倍の二通りを提供しています。

過去の統計で計算すると全トレードの8%程度が業者総取りであればスプレッド有が有利。
全トレードの10%程度が業者総取りであればどちらも変わらず、12%を超えるようであればスプレッドなしを選択。

自分の取引内容を振り返る

過去のトレードがどの様なものだったかを振り返って何が必要か考える。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 

0 件のコメント :

コメントを投稿